実店舗の集客を行うのにポスティングは非常に効果的です。しかし、がむしゃらに配り続けているだけでは、思ったような成果を上げることができないかもしれません。ポスティングをする意味は、お店の認知度を上げることにあります。まずは、ポスティングチラシを見なければお店の存在を知りようのない、少し離れたエリアに配るようにしましょう。近隣エリアの人には、ポスティングと街頭配布のビラ配りを同時に行うことが効果的です。ポスティングの場合は自宅でチラシをじっくり熟読してから来店することになりますが、ビラ配りの場合はチラシを見た瞬間にそのまま来店してくれることもあります。そのため、ビラ配りのチラシにはその場で使えるサービスチケットなどを添付しておくと良いでしょう。

効果的なチラシ作りとは?!

ポスティングをするうえで最も避けたいことが、せっかく配ったチラシを全く読まずに捨てられてしまうことです。ポスティングチラシを呼んでもらうためには、どのような層のお客様を対象にしているかを考えてチラシ作りをしなければなりません。お客様に高齢者が多い場合は、チラシの文字が小さいと読みにくい可能性があるため、通常より大きめのフォントでチラシ作りをしましょう。また、人目見てどのような内容のお店かを把握してもらうため、サービスを提供している大きめの写真も掲載しておくと良いでしょう。できるだけお客様に考える暇を与えずに、瞬間的にお店の存在やサービス内容を把握してもらえるようなチラシ作りを心がけましょう。

ポスティングは各家庭を回りポストへ様々な書類を投函する仕事です。企業求人を不特定多数に出したい時にも便利です。