自社の商品を他社に知ってもらう活動をするのが営業の役割です。ルートセールスなどもありますが、新規の顧客開拓も重要な業務の一つと言えるでしょう。その時に最初に行うのがテレアポです。データベースから抽出した相手に電話をかけ、アポイントを取ります。通常は自社の営業が時間を見て行うので、当然通常の営業活動が削られます。経験の少ない若手などに行わせる会社もありますが、本当なら取れるアポを取り損ねている可能性もあります。営業代行サービスで利用できるのがテレアポです。自社の営業社員に変わってデータベースにある会社に電話をかけてアポを取ってくれます。アポイントを取るプロが行うので、経験の少ない担当者が行うより効率的にアポを取ってくれます。

営業担当者の教育役として来てもらう

社員の中でも営業社員が多くを占める会社は多いでしょう。それだけ必要であるだけでなく、必ずしも能力のある営業社員ばかりではない点もあります。新入社員として採用しても、すべての社員が一人前になる前にやめてしまいます。一応社員教育などは行いますが、先輩社員などは自分の仕事もあるのでなかなか新人の教育に付き合えません。そこで利用したいのが営業代行サービスです。実際に営業をするだけでなく、営業のノウハウを教育するサービスをしてもらえます。これによって、先輩社員などは同行の負担を減らせます。また、プロの教育になるので、新人教育も統一的に行えます。先輩に付く方法だと付く先輩の能力で差がつきやすいですが、同じようにノウハウを伝えてもらえます。

営業代行とは、営業組織を持たない新規企業などが、外部の専門業者に依頼して、営業活動全般を代わりに行ってもらうことで、コスト削減や人員の負担を軽減したりするものです。