自作パソコンを使う時のデメリット

自作パソコンはメーカー製の既製品を購入するよりも安く済みますが、パーツの組み合わせが悪くて買い直しになってコストが余計にかかる事もあります。またメーカー製のパソコンの用に無料の保証期間などがない為に早い段階で故障が出ても完全に実費での修理になってしまいます。

自作パソコンは自分で組み立てる必要があるので、知識がまったくない人にとっては自作パソコンはハードルが高いです。また知識がある人がやってもある程度時間も手間もかかってしまいます。

自作パソコンを使うメリット

自作パソコンはメーカー製のパソコンと比べるとトータルのコストが安く済むメリットがあります。既製品のパソコンだと最初からソフトウェアが入っている場合があるので、使わない人からすると無駄になります。しかし自作パソコンの場合は最初からソフトウェアがついているという事もないので、無駄なコストを省けます。

また自作パソコンの場合はパーツの全てを自分が好きなメーカーのパーツを選んで使う事ができます。自作パソコンのパーツを自分で全て選んで組み立てる作業はデメリットと感じる人もいますが、このような作業が好きな人にとってはパーツ選んで組み立てる必要がある事自体がメリットです。

自作パソコンを自分で組み立てて使う事でパソコンの仕組み自体を理解する事に繋ります。そのため有料で業者に修理してもらわなくてもパーツだけ購入して自分で修理できるようになるのも自作パソコンを使うメリットと言えます。

プリント基板設計で大切な事は、電子機器を動かす為に必ず必要な基板の上に、用途に合わせてコンデンサやICチップをどのように組み合わせるかを考えて製造する事です。