確定申告に慣れてきたら青色申告も検討を

個人事業主等は、会社員・公務員と違って、所得税・住民税を自分で所得を申告して納税する必要があります。そして、初心者は白色申告のほうが断然おすすめですが、何年か経ってだいぶ確定申告のことがわかってきたら青色申告に切り替えるのも手です。

白色申告との違いとは

白色申告は帳簿提出の必要性もなく、専門用語を覚え、前年の各書類も保存して一つの場所にまとめておけば、最短2時間程度でほぼすべてが完了するほど手順自体は簡単です。それに対して青色申告は、申告前年に毎日帳簿に取引をきっちり記録することが必須になる申告方法です。ただし、面倒な一方で、支払う税金を減らすことができることが特長です。

具体的にはどのような税制優遇があるのか

青色申告を選択すると、具体的には「青色申告特別控除(最大65万円)」という控除が受けられます。そして、一緒に毎日仕事をしているような家族・親族の給与を経費として計上できるという点がわかりやすい税制優遇です。また、会社の業績が赤字の場合は、控除しきれない赤字を3年繰り越して翌年以降に所得から控除する事なども可能になります。

青色申告に興味が湧いてきたらどうすればよいのか?

青色申告は100%誰もが利用できるわけではなく、税務署に「青色申告承認申請書」を提出し、承認を受ける必要があります。申請の締め切りは、新規開業者を除いて青色申告を開始したい年の3月15日が締め切りです。

どんな人に青色申告は向いているか?

青色申告は確かに毎日の帳簿付けが大変ですが、個人事業主のかたでいいますと、例えば、毎日の家計簿をつけるのが好きな、マメな女性あたりに向いていると言えます。その他、毎日日記を書く習慣があって楽しく続けられているかた、節税のためなら面倒なことであっても強いモチベーションが行えるかたなどにも向いている申告方法とも言えます。

一般的には青色申告は手間がかかるものというイメージばかりが付きまといます。しかし、毎日家計簿をつけるのが好きな人など向いている人もいるので、今一度、手順を確認することも重要です。